インプラント

インプラント(人工歯根)とは、虫歯や歯周病等により歯を失ってしまった箇所に、チタン製の歯根を埋め込んで、その歯根を土台にして、人工歯を装着する治療のことです。

インプラントは、入れ歯みたいな取り外しが不要で、ブリッジのように両隣の健康な歯を削る必要がありません。また、自分の歯と同じようにものが食べられるということで、現在では最も機能的に優れた治療法と考えられています。

インプラントの特長

  •  ブリッジのように、両隣の健康な歯を削る必要が無い。
  •  見た目が良い。
  •  入れ歯のような取り外しの必要性が無い。
  •  ものをよく噛み砕け、全身にも、周囲の歯にも良い影響を与える。
  •  噛んだとき、歯茎に自身の歯と同じように刺激が伝わるので、顎の骨が痩せにくい。
  •  顎の骨にしっかりと固定するので、少ない違和感で、おいしく食べることができる。
  •  発音や発声への影響が極めて少ない。

――このように、インプラントはブリッジや入れ歯よりもメリットが多く、他の歯を削らずに、自分の歯と同じようにものが食べられます。

ただし、顎の骨の量が少ない方、重度の歯周病に罹っている方や、糖尿病などの全身性疾患をお持ちの患者さまなど、インプラント治療に適さない方もおられますので、ご希望の方は一度ご相談ください。

ページトップ

はじめてご来院いただく方へ ネット予約はこちら 24時間受付中

患者の気持ち きむら歯科医院