一般歯科

虫歯について

虫歯は細菌感染症の一種です。
虫歯は風邪などの病気と違って、自然治癒することはありません。
軽度の虫歯なら、詰めものをすれば比較的簡単に治療できますが、重度まで進行すると歯を抜かざるを得なくなったり、全身の健康に危険が及んだりする可能性も出てきます。
したがって、やはり早めの治療が大切です。

虫歯の原因

口の中の“ミュータンス”という細菌は、歯に付着した糖質を代謝して“酸”を作り出し、この酸が歯を溶かし始めます。これが初期の虫歯です。
さらに進行すると、患部に細菌の塊(バイオフィルム)が繁殖し、虫歯は拡大してしまいます。

虫歯の進行度合いには、「初期=C1」「中期=C2」「後期=C3」「末期=C4」の4つの段階があり、段階・状態によって治療法もそれぞれ異なってきます。初期の虫歯は自覚症状に乏しく、痛みもほとんどありません。そのため歯が痛み、しみ出してきた頃には、ある程度進行した虫歯になっていると言えます。

「食べるときに歯がしみる」、「ちょっとしたことで歯が痛む」などの違和感はありませんか?そのまま放っておくと、さらに虫歯は進行していき、治療に時間と費用がかかるようになりますので、早めに歯科を受診しましょう。

進行度合い別の虫歯治療

▼ C1の治療

虫歯の部分を削り取った後、歯の色をした樹脂(レジン)や金属で埋めます。虫歯の範囲がエナメル質に限られるため、麻酔をしなくても治療中に痛むことはありません。

▼ C2の治療

虫歯が象牙質(エナメル質の硬組織下で、削ると痛む)まで達していますから、治療時に麻酔が必要なことがあります。麻酔をしないと治療中に痛みがある事があります。麻酔をするかは患者さんと相談しながら治療していきます。治療は、次の流れで進めます。

  • 1.虫歯になっているところを全て取り除きます。
  • 2.虫歯の深かったところは、歯髄を保護するための薬を詰めます。
  • 3.詰め物(虫歯が広範囲に及ぶ場合は被せもの)がしやすいように、歯の形を整えます。
  • 4.詰め物をします。

当日に詰める場合は、詰め物をした後、表面をきれいに磨いて終了です。 後日詰める場合は型取りの後、仮の詰め物をしてご帰宅いただき、数日後の再来院時に、出来上った詰めもの(被せもの)を接着剤で歯に固定して終了です。

▼ C3の治療

既に虫歯菌が、歯髄腔(歯の中の神経と血管が入っている空洞)まで侵入してしまい、歯の中の神経は感染しています。ですから、さらなる細菌の侵入や、根っこの外への感染と痛みを防ぐために歯髄(歯の神経)を取り除き、歯の中をきれいに消毒した後、根尖孔(根っこの先にある歯髄の出入り口)まで薬で完全に塞ぎ、根っこの内と外を遮断します。
この治療は、歯髄が生きている場合と、以前に根っこの治療を受けて既に歯髄が無く根っこの中に薬が入っている場合で、治療法が異なります。

 歯髄が生きている場合

生きている歯髄に触れると激しい痛みを感じます。ですから、治療の前には充分麻酔をした後、次の順序で治療を進めます。

1. 詰めものや被せものを取り除き、虫歯に侵されているところを完全に取り除きます。
2. 歯髄を取り除きやすいように穴を広げた後、器具を使って取り除きます。
3. 歯髄を取り除いてできた空洞をきれいに清掃した後、消毒の薬を入れて蓋をします。
4. 必要に応じて、薬の交換を何度か繰り返します(薬の交換の度に通院します。)
5. 歯の中(根管と言います)がきれいに消毒できたら、根尖孔のところまで神経の代わりに薬を詰めます(歯髄腔まで侵入した菌が、さらに根っこの外(歯根膜や歯槽骨)まで進むのを防ぎます)。
6. 大きく深い虫歯のために歯のほとんどを失ってしまった場合は、金属などを使って土台を作ります(土台の型取りが必要な場合もあります)。
7. 歯を削り、被せものが入るように形を整えます。
8. 歯の型を取ります。
9. 出来上がった被せものをお口の中で調整した後、接着剤で歯に固定します。
10. 数日間使ってみた後、調子が悪ければ調整を繰り返します。
 歯髄が死んでいたり、既に根管内(歯の中)に薬が入っている場合

既に神経は死んでいますから、治療中は麻酔をしなくても、ほとんどの場合痛みません。しかし、治療前から既に激しい痛みがあるときは、麻酔をすることもあります。次の順序で治療を進めます。

1. 詰めものや被せものを取り除き、虫歯に侵されているところを完全に取り除きます。
2. 既に入っている古くなった薬を薬品や器具を使って取り除いた後、できた空洞をきれいに清掃します。
3. 次に中を乾燥し、消毒薬を入れて蓋をし、ご帰宅いただきます。
4. 必要に応じて、薬の交換を何度か繰り返します(薬の交換の度に通院が必要です)。
5. 歯の中(根管)がきれいに消毒できたら、根尖孔のところまで神経の代わりに薬を詰めます(歯髄腔まで侵入した菌が、さらに根っこの外(歯根膜や歯槽骨)まで進むのを防ぎます)。
6. 大きく深い虫歯のために歯のほとんどを失ってしまった場合、金属などを使って土台を作ります(土台の型取りが必要なこともあります)。
7. 歯を削って被せものが入るように形を整えます。
8. 歯の型を取ります。
9. 出来上がった被せものをお口の中で調整した後、接着剤で歯に固定します。
10. 数日間使ってみた後、調子が悪ければ調整を繰り返します。

▼ C4の治療

ここまで来ると、治療することはできません。ですから、一日も早く歯を抜いて、傷の治りを待ち、歯が無くなったところをどのようにして噛めるようにするかを考える必要があります。歯を抜いた後の傷は、程度にもよりますが、1週間程で痛みが無くなり、1~3ヶ月できれいに治ります。

なるべく痛くない治療

当院では極細の麻酔針を使用して、刺入時の摩擦を軽減しています。

さらに麻酔時の不快な圧力痛を軽減する為に、ゆっくりと一定の圧力で麻酔が可能な電動麻酔器(写真右)を導入しております。
但し、お痛みの感じ方には個人差がございます。

虫歯の再発防止

歯の治療を行った後、定期的なメンテナンスを行うことにより、虫歯の再発を防ぐことができます。また当院では、健康な歯を長く保つために定期的な検診をお勧めしています。
虫歯の予防には、虫歯菌の除菌が大切です。歯科医院でしっかりメンテナンスして歯を長持ちさせましょう。歯が痛くなってから歯科にかかるのではなく、歯の検診を兼ねた定期的なご来院をお勧めいたします。

ページトップ

はじめてご来院いただく方へ ネット予約はこちら 24時間受付中

患者の気持ち きむら歯科医院